みかんは酸っぱい派ですか?甘い派ですか?

Q :

酸っぱいみかんと甘いみかんはどっちが好きですか?

 

の質問に対して答え合わせしてみよう!

f:id:kotaeawase385:20211123155830j:plain



A:

a

日本の冬の風物詩といえば

「こたつにみかん」というように、

みかん」は冬の定番フルーツ。

箱買いをして、

家族みんなで食べる

という方も

多いのではないでしょうか。

そんな身近なフルーツだからこそ、

地域ごとや

各家庭で

おいしいみかんの選び方や

食べ方に

さまざまな説がありそうです。

みかん

値段も比較的お手頃で、

気軽に食べられる、

身近なフルーツのひとつです。

そのまま食べるのはもちろんのこと、

ジュースや缶詰、

スイーツなどにも加工されるなど、

よく口にしているという方も

多いのではないでしょうか。

みかん

さまざまなパワーと

魅力たっぷりのフルーツですね。

 


 

b

酸っぱい派です!!!

酸っぱいみかんかどうか

見分けるには

どうすればいいのか?

酸っぱいみかん

見分け方についてお答えします!

酸っぱいみかんには、

いくつかの特徴があります。

みかんを買う前に

じっくり観察してみましょう!

 

①皮の色

みかんの中には、

青みが残っているものがあります。

青いみかん

まだしっかり熟していないので

酸っぱいことが多いです。

また青みが抜けても、

色が薄くて

黄色っぽいみかん

酸っぱい可能性ありです。

甘いみかんは色が濃く、

赤みも増すので

オレンジ色っぽくなるんですよ。

 

②丸さ

まん丸い形のみかんは、

ちょっと平たい

楕円形のみかんより

酸っぱいといわれます。

コロコロと

転がってしまう

球に近いみかんは、

すっぱさに期待大です。

 

③皮の表面がツルツル

皮に

あまりデコボコがなく

ツルツルのみかん

きれいで

おいしそうな感じがしますが、

実は

これも酸っぱさのサインの一つ。

皮がツルツルなのは、

収穫までに

たっぷり水分を吸った証拠です。

水分が多すぎると、

甘みが薄く

ぼやけてしまって

酸味が引き立つんです。

どれも分かりやすい特徴なので、

ぜひ試してみてください。

 


 

甘い派です!!!

甘いみかんを見分ける3つのポイント

 

①ヘタの色は茶色が良い!

色とサイズに注目

緑色は

新鮮なイメージがありますが、

みかんのヘタは

茶色っぽいものを選ぶのが正解。

早く収穫したものは緑色、

木になった状態で

完熟すると

茶色になる傾向があるのです。

また、

ヘタのサイズは

小さいものがベター。

大きなヘタは

水分の供給が多く、

早く成長するため、

大味になりがちです。

じっくりと

成長したものほど、

酸が抜けて

糖分が多くなります。

 

②皮のハリとツヤ、

きめの細かさも確かめて

皮はハリとツヤがいいもの、

やわらかく

しっとりとしたものがベスト。

パリパリとした皮のものは、

果汁が少なかったり、

味が淡白だったりします。

皮表面の小さなブツブツも重要。

これは油の細胞なので、

小さく密度が

濃いものほど

しっかり養分を取っていて、

果肉の成長がいい証拠です。

 

③丸型よりも扁平型!

濃い色のみかんを選ぶべし!

扁平型(楕円形)は

養分が多く

木が元気なときに

花が咲いてできたみかんで、

遅咲きのものは

丸型が多くなります。

そのため、

扁平型は酸味が少なく、

糖分が多い傾向に。

色は全体的に

濃い

オレンジのものを選びましょう。

成熟とともに始まる

色の変化は

ヘタ周りから起こるので、

この部分が

オレンジ色でないと

糖分がまだ十分に

まわりきっていないと判断できます。

こちらも

分かりやすい特徴なので、

ぜひ試してみてください。

 

博士 :

面白いのお!

ちなみにわしは甘い派じゃ!

みかんには

ビタミン類と

繊維質が豊富に含まれておる。

たとえば、

みかんの栄養の

代表格であるビタミンC。

みかん

ビタミンCの宝庫とも言われ、

Mサイズ(約120g)の

みかんを2個食べれば、

1日に

必要とされる量である50mgを

摂取できるんじゃ。

みかんの酸味のもとである

クエン酸」も、

1日の必要量が

みかん1個に含まれておる。

みかんなど柑橘類は、

その色素にも

栄養素が含まれておるぞ。

みかんの黄色の

素となっておるのが

カロテノイドじゃ。

これは体内で

ビタミンAに変わる

B-カロテンの仲間じゃ。

また、

みかんの果肉が包まれている

薄いふくろは

「じょうのう」と言い、

食物繊維の一種である

ペクチンが豊富で、

白いスジの部分は

アルベド」と言って、

ヘスペリジンと言う

ポリフェノールの一種が

多く含まれるんじゃ。

このほかに、

ビタミン類では

ビタミンB1

ビタミンE、

色素成分では

B-クリプトキサンチン等、

みかんには

栄養がたっぷりと詰まっておるんじゃ。