手は水で洗うと良いですか?お湯で洗うと良いですか?

Q :

冬の手洗いはお湯のどちらが良い?

ベストな手洗い方法は?

の質問に対して答え合わせしてみよう!

f:id:kotaeawase385:20211221022601j:plain

A :

a

風邪や

インフルエンザなどが

流行する冬は、

普段以上に

こまめな手洗いを

心掛けることが大切です。

とはいえ、

が冷たいと手洗いが

おっくうになりがちですし、

反対にお湯で手洗いをすると、

乾燥や手荒れが気になりますよね。

で手洗いしたときと

お湯で手洗いしたとき、

どのようなメリット

あるのでしょうか?


 

b

で手洗いをするメリットデメリット

メリット

での手洗いの場合は

お湯と異なり、

皮膚の表面を

守っている皮脂を

洗い流さないのがメリットです。

また、

お湯

切り替わるまでの

時間や光熱費、

水道代を

節約するという

メリットもあります。

 

×デメリット

冷たいで手洗いをすると、

肌の血行が悪くなりがち。

すでに手荒れや

乾燥が起こっている

手肌の場合、

血行が悪くなると

新陳代謝が鈍るため、

手荒れが

直りにくくなってしまいます。

また、

が冷たいと

どうしても手洗いが

おっくうになりますし、

手洗いを始めても

早めに

切り上げてしまいがちなので、

十分な洗浄効果が

得られないことも考えられます。

お湯で手洗いをするメリットデメリット

メリット

お湯で手洗いをするメリットは、

冷たくないので

手洗いが

おっくうにならないことです。

さらに、

肉などの

しつこい脂汚れを落とすなら

よりお湯のほうが

しっかりと落とせますし、

ハンドソープの

泡立ちもよくなります。

 

×デメリット

お湯で手洗いをするデメリットは、

温度が高いと

手に必要な皮脂も

奪ってしまうことです。

手の皮脂は、

手肌のうるおいが

外に逃げ出さないように

保護してくれる、

いわばバリアのようなもの。

しかし、

寒いからといって

熱いお湯で手洗いをすると、

必要な皮脂まで

お湯に溶けて

洗い流してしまいます。

こうして

うるおい不足におちいった手は

ガサガサに乾燥するだけでなく、

ひどくなると

あかぎれ

湿疹などの手荒れを

引き起こしてしまうのです。


 

d

手洗いをおこなう際には

お湯も一長一短あり、

どちらもベストとはいえません。

実は、

手洗いの方法として

ベストなのは

ぬるま湯」で洗うことです。

具体的には32~35℃の、

体温よりも低い温度の

ぬるま湯が適しています。

これぐらいの温度のお湯なら

皮脂を必要以上に奪いすぎず、

また

冷たすぎないので

手洗いに対する

心理的ハードルも

ぐっと低くなりますよ。

冷たいに比べ

汚れ落ちも良いので、

手を清潔に保つ意味でも

ぬるま湯がおすすめです。

ちなみに、

手洗い後の

手荒れを防ぐには、

手に付いた水分を

しっかりと

ふき取ることがポイントです。

手に水分が付いたままだと、

水滴が蒸発するときに

手のうるおいまで

一緒に蒸発させてしまいます。

また、

手洗いのあとは

ハンドクリームなどで

すぐに保湿をすれば、

乾燥知らずの

美しい手肌をキープできますよ。

博士 :

そうじゃな!

冬場はせめて

ぬるま湯にする事じゃ。

手洗い後は、

清潔な吸水性のよいタオルで、

水滴をしっかり抑え拭きし、

水分が残らないようにするんじゃ。

皮膚に水分が残ったままじゃと、

表面の水滴が蒸発するときに、

皮膚内部の水分も

一緒に蒸発してしまいやすくなる。

また、

じゃからといって

ゴシゴシ拭くのは厳禁じゃ!

摩擦も肌に刺激を与え、

肌のコンディションを

悪化させるぞ。

炊事の際に

ゴム手袋をすることも有効じゃ。

ただ、

なかには

ゴムやパウダーが合わずに

手荒れする人もいるでの、

注意が必要じゃ。

パウダーフリーのものもあるそうじゃ。

「次の仕事の後に」とか

「子供の世話が終わったら」など、

ついつい保湿を

後回しにしがちじゃ。

手洗いや仕事の後には、

お肌の水分の

蒸発を防ぐために、

なるべくすみやかに

保湿をするんじゃぞ。

各水回りに

保湿剤を置いておくのも

一案じゃな。

また、

お出かけ前に乳液や

クリームなど油分のあるもので

お肌をプロテクトしておくと、

肌内部の潤いをキープできるじゃろう。