傘は折りたたみが便利ですか?長い傘が便利ですか?

Q :

傘は折りたたみが便利ですか?

長い傘が便利ですか?

の質問に対して答え合わせしてみよう!

f:id:kotaeawase385:20220118172002j:plain

A :

a

は、

気分が沈みがちな雨の日を

快適に過ごすために

大切なアイテムです。

傘大国としても知られる日本は、

年間約1.3億本の

が消費されており、

そのうちの大半を

ビニール傘が占めており、

ビニール傘の使い捨て”が

習慣化しています。

その結果、

大量の忘れ物

廃棄物が発生するなど、

環境にも

大きな影響を与えています。

このような背景から、

お気に入りのを見付けて、

永く使っていきたいですね。


 

b

それぞれの

・メリット

・デメリット

見ていきましょう。

 

【長傘】

メリット

雨をほとんど防げる。

頑丈。

 

デメリット

持ち歩くのが面倒。

置き忘れる可能性がある。

盗まれる可能性がある。

そもそも持ち忘れる可能性がある。

予報外れの雨に対応不可。

 

【折り畳み傘】

メリット

持ち歩きが楽。

置き忘れる可能性が少ない。

盗まれる可能性が少ない。

持ち忘れがない。

予報外れの雨にも対応可

 

デメリット

雨の防御率が少し低い。

強度がやや低い。

 

以上のように、

長傘折り畳み傘では、

それぞれの

メリットデメリット

反転していることが

分かると思います。

これを見ただけでも、

パッと思いつく事柄では、

折り畳み傘の方が

メリットの数が

多いということが確認できます。

どこかに置き忘れるリスクや、

持ち歩き忘れるリスクが、

長傘に比べて折り畳み傘

圧倒的に低くなります。

人間誰しもがやる

“うっかりミス”の

発生が低くなるのです。


 

しかし、

の一番の目的は

“雨を防ぐこと”です。

その一点に関しては、

やはり長傘の方が優れています。

強度も長傘の方が

上回っているので、

豪雨や強風にもより

耐えることができます。

ですが、

ここで考えてほしいのは、

“豪雨に襲われる確率”と

“うっかりミスをしてしまう確率”

についてです。

長傘じゃないと

絶対にずぶ濡れになってしまう、

長傘でないと骨が折れてしまう、

そんなとてつもない

豪雨が来ることって、

そこまでありふれたこと

ではありませんよね。

そんな豪雨の日は、

せいぜい一年に

10~20日ぐらいではないでしょうか。

さらに、その中で

“どうしても外出しなければならない日”

となると、

もう少し減るはずです。

豪雨の日が休みだったら、

わざわざ出掛ける必要は

ありませんからね。

つまり、

一般的にを使うときというのは

“そこそこの雨のとき”が

ほとんどなのです。

そこそこの雨ならば、

必ずしも長傘でなければ

いけないことはありません。

折り畳み傘でも

十分対応できるでしょう。

一方、

うっかり電車や職場に

を置き忘れるリスクは、

長傘を持ち歩くたびに発生します。

 

博士 :

ふむふむ、

つまりじゃ、

長傘は、

デメリット発生率が非常に高く、

メリットを生かせる確率は少ない。

その点折り畳み傘は、

デメリット発生率が低く、

メリットを生かせる確率が高い

ということになるのお。

また、

折り畳み傘

最大のメリット

カバンにしまえることにあると

言う事じゃな。

カバンにしまえるのなら、

逆にずっと

入れっぱなしにしておけば、

予報外れの急な雨にも

十分対応できるのからの。

天気予報を注視して、

毎日毎日持ち歩くか

持ち歩かないかを決める

手間もないんじゃ。

よほどの嵐が来るぞ、

と周りが騒いでいる時だけ、

長傘を持っていけば良いんじゃ。

折り畳み傘

1つカバンにしまっておけば、

かなり面倒事は減少するの!